渡邉利三奨学金プログラム

本プログラムは受給者の経済的困窮要件に応じて奨学金を助成します。米国内の大学および大学院にて学問を究めたい学生の学費援助をするものです。

毎年12月に本財団の奨学金委員会がwww.nikken.com上に奨学金募集要項
(受付は、1月1日~3月31日の間)を掲載します。厳正な審議のうえ5月までに申込者に回答をします。奨学金は秋入学に限られます。

 名誉会長の渡邉は1968年に慶応義塾大学に入学しましたが、それは母子家庭に給付される奨学金を活用してのものでした。父親が第二次世界大戦中に病魔に倒れ、その後亡くなったためです。1971年、渡邉は更なる学費援助を、松下幸之助氏と「ウィーン国際奨学金」から同時取得し、米国マサチューセッツ州ボストンにあるブランダイズ大学にて2年間の留学生活を経て政治学の学士号を取得しました。これまで受けた手厚い学費援助にいたく感銘し、渡邉は同じような援助を今日の学生たちに「お返し」しようとしています。
どうか将来有望な学生たちに、最高学府での教育の機会が数多く与えられますように。

「渡邉利三財団」は2008年に自身の寄付500万ドル(約5億円)により設立されました。
2012年10月には寄付金は1千万ドル(約10億円)にまでなりました。
同財団の中から「教育」という最高の贈り物を授けるべく「渡邉利三奨学金プログラム」が設立されました。同プログラムは世界で活躍するNIKKENメンバーのお子様に学びの機会を与えるものです。

◇ 奨学金申請要件 ◇
  1. NIKKENと良好な関係であるメンバーの直系の子女であること
  2. これまでの学歴証明書
  3. 学費支援申請書(SAR)
  4. 教師または上司からの推薦状(最低2通)
  5. 入学試験スコア
  6. 地域活動および学外活動
  7. 学習優秀者としての証明・受賞歴など
  8. 片親と死別した子女は優遇の可能性あり
  9. 受給者が報告書提出後、再度の奨学金申請は可能
  • 受給者は学期終了ごとに報告書を奨学金委員会へ提出のこと
  • 奨学金は一年間支給。NIKKENが該当する学校に直接支払
  • 受給額(一部/全額)は奨学金委員会の判断
Page Top